目次 : 磨き方

靴磨きの準備

  1. 磨く前の靴

    磨く前の靴

    磨く前の靴の状態です。

  2. 紐を外す

    紐を外す

    丁寧に無理に引っ張ろうとはせず優しく外します。

  3. 靴の中をウェットテッシュで綺麗に拭く

    靴の中をウェットテッシュで綺麗に拭く

    靴の中を抗菌、除菌作用(アルコール分を含む)のあるウェットティッシュ等で綺麗に拭きあげます。つま先の奥に溜まっているホコリ等の汚れを手を突っ込み取り除きます。もしつま先の奥まで指が届かない場合は割り箸等にウェットティッシュを巻きつけてゴシゴシやると綺麗になります。

  4. 靴の中の汚れを落とす

    靴の中に溜まっているホコリ

    長いこと手入れをしていない靴だと、このような感じのホコリがガッツリつきます。ある程度ホコリが除去できるまで拭き、ウェットティッシュにホコリ、汚れがつかなくなったら終了。あまりゴシゴシやりすぎると内側の革を痛めてしまう可能性もありますので、ほどほどに行います。

  5. シューツリーを用意

    シューツリーを用意

    靴を長く履いていると甲の部分にどうしても履きジワができてしまいます。靴磨きをする際にはなるべくクリーナーも靴クリームも均一に入れてあげたいので、ここでシューツリーの登場です。 シューツリーは靴の型崩れを防ぐためのシューケア用品で、インターネットや街の靴屋さん等で買えます。

  6. シューツリーを装着

    シューツリーを装着

    右足、左足を間違えないようにしてグッとシワを伸ばすような感じで装着します。

目次へ戻る

コバを整える

  1. コバにヤスリを当てる

    コバにヤスリを当てる

    コバとは端の部分で革製品では裁断面を表します。紙ヤスリ(240番程度)でコバの周りをぐるーっとヤスリがけしていきます。古いもの、手入れを長くしていない靴等は結構汚れていたり、ガサガサになっていたり凸凹したりしてますので、そのような場合は入念にヤスリがけをしています。

  2. コバインキを塗布

    コバインキを塗布

    コバインキという専用のインキをコバの周りに塗布し補色します。塗る時のコツは、ハケに結構コバインキがついてますので、瓶のフチでちょっと落としてから塗るといい感じです。

  3. コバインキを塗布後

    コバインキを塗布後

    コバインキを塗布後、かすれていた縁や凹凸が綺麗に補色され新たな保護膜が形成されました。

目次へ戻る

汚れ落とし・古いクリームの除去

  1. 馬毛のブラシでブラッシング

    馬毛のブラシでブラッシング

    クリーナーを使う前に、アッパーに付着しているホコリ・汚れ等を馬毛のブラシでブラッシングして落とします。感覚としては「サッサッ」とホコリ・汚れを落とすように、靴全体を力入れず軽くブラッシングする感じです。

  2. 靴革の汚れ落とし専用のクリーナー

    靴革の汚れ落とし専用のクリーナー

    各メーカーから靴革の汚れ落としクリーナーが販売されています。新たに靴クリームを入れる前に、専用のクリーナーを使いアッパーの汚れや古いクリーム等を落としていきます。

  3. コットンにクリーナーを染み込ませる

    コットンにクリーナーを染み込ませる

    500円玉より少しだけ小さいぐらいコットン染みこませます。

  4. 素早く汚れを落とす

    素早く汚れを落とす

    素早くアッパーを擦っていきます。やりすぎると革を痛めることにもなりますので、片足を3分割して「サー」っとやる感じです。ファーストタッチが肝心で、色が薄い靴ではシミになるケースもあり、ベチャッと付ける感じではなく、コットンにしっかりなじませてからサササっとやる感じです。

  5. 古いクリームの除去

    古いクリームの除去

    靴クリームが入っていた靴であれば、古い靴クリームがコットンにつきます。靴クリームが入っていない靴の場合は、何も汚れがついていないように見えます。

目次へ戻る

シューケア

  1. シューケアクリーム

    シューケアクリーム

    革へ栄養を与えるため、革靴専用の靴クリームを塗り込みます。各社から様々な製品が出ています。

  2. クリームを手に取る

    クリームを手に取る

    靴の乾燥具合やクリームの種類によって様々ですが、今回は片足米粒2~3粒分ぐらい指にとり

  3. 指で直に塗り込みます

    指で直に塗り込みます

    指を使って直接塗りこんでいきます。クロスや、靴クリーム用ブラシを使ってもよいですが、指を使った方が靴クリームの浸透具合や革のコンディション等を直に感じることができます。

  4. 豚毛のブラシ

    豚毛のブラシ

    靴クリームを塗った後に使用するのが、豚毛のブラシになります。汚れ落としの際に使用した馬毛ブラシよりもハリやコシがしっかりとした印象です。アッパーをマッサージしながら靴クリームを全体に行き渡らせる為等に用います。

  5. 豚毛のブラシでブラッシング

    豚毛のブラシでブラッシング

    靴クリームを指で全体に塗った後は、豚毛のブラシでしっかりとブラッシングします。素早く、そこそこ力を入れてブラッシングします。指で塗ると多少の塗りムラ等があるため、靴表面の靴クリームを全体に満遍なく行き渡らせるためにもしっかりと丁寧にブラッシングしましょう。

  6. 綿100%のコットンで乾拭き

    綿100%のコットンで乾拭き

    ブラッシングの後、革に入りきらなかった余分なクリームをコットンで拭き取ります。使い古したシーツや、Tシャツ等でを使うと良いでしょう。靴全体を「ザー」っとクリーナーをかける時と似たような感じでコットンで拭き上げます。

目次へ戻る

シューシャイン HIGH SHINE

  1. 革靴専用のワックス

    革靴専用のワックス

    ここからはワックスを使い鏡面仕上げを施していきます。ワックスを使うと見た目が輝き、傷や汚れ防止効果もあります。

  2. 指でワックスを塗りこむ

    指でワックスを塗りこむ

    指にワックスを少量(固形ワックスをすくうのではなく、指先の腹に塗りとる感じ)とり、つま先とカカトに塗りこんでいきます。鏡面磨きをやるにあたってのベース作りになります。

  3. 指にネル生地を巻きつけ水で湿らせる

    指にネル生地を巻きつけ水で湿らせる

    ネル生地を指にパンっと張った状態に巻き、指先の腹に500円玉大程度に水をつけ湿らせます。

  4. ネル生地でワックスを少量とる

    ネル生地でワックスを少量とる

    少量とったワックスは、つま先・カカトまわり・つま先および、カカトの間のサイド部分等を中心に薄く薄く乗せていきます。常に少し湿った状態でワックスをつけて乗せていくのがポイントです。 ずっと同じ箇所を磨くのではなく、右足のつま先からカカトまわり、サイド部分、左足も同じように、、という感じでローテーションして磨いていく感じです。その方が仕上がりが均一になりやすく、より輝きやすいと思います。 ワックスが足りないかなーと思ったらまた少しワックスをつけ、水が足りないなーと思ったら水を少しつける、そして優しく薄くまぁまぁ素早く磨いていきます。

  5. ワックスがけ終わり

    根気強く磨く!

    根気よく磨いていると輝き出してきます。自分の満足いくところまでいけばひとまず終了でよいと思います。

  6. 山羊(ヤギ)毛のブラシでブラッシング

    山羊(ヤギ)毛のブラシでブラッシング

    つま先とカカト等の鏡面になっている箇所以外の部分の艶を仕上げるため、山羊(ヤギ)毛のブラシを使います。つま先とカカト以外の部分を優しく、ブラシが当たってるか当たってないかぐらいの当たり具合でブラッシングして仕上げます。

  7. 仕上げ

    仕上げ

    仕上げとしてワックス塗布で使用したネル生地の使っていない部分に水だけをつけ、全体を素早く磨きあげます。水のつけすぎ、力の入れすぎに注意です。くるくる磨く感じではなく、縦に一方方向に磨くことを意識して磨きます。

目次へ戻る